細則 of 日本消化器内視鏡学会 甲信越支部

1.支部役員について

  1. 幹事は各県より2名ずつを選出し,支部長、庶務担当幹事、および監事(2名以内)とともに幹事会を構成する。
  2. 庶務担当幹事は支部長が任命する。

2.支部評議員の資格について

  1. 医師免許取得歴:医師免許取得歴7年以上
  2. 学会会員歴:7年以上
  3. 求められる資格:本学会の専門医であること。
    • (ただし、専門が病理である場合には日本病理学会専門医をもって代えうる)
  4. 経験:消化器内視鏡に関して十分な経験と指導力を有すること
  5. 業績:以下の①~③のすべてをみたすこと
    • ① 論文:最近5年以内に本学会の学術誌、またはその他の学術誌に消化器内視鏡に関する論文を、筆頭者または共著者として発表していること。
    • ② 発表等:5年以内に本学会の総会または支部例会の主題で筆頭あるいは共同演者として発表しているか、総会または支部例会、支部セミナーで司会または座長もしくは講師を努めていること。
    • ③ その他:上記①、②のいずれかは筆頭者であること。
  6. 選出基準に満たない候補者については、学会運営上の必要性等を考慮し、幹事会での推薦と評議員会での承認のもと、若干名の範囲で対応する。

3.名誉会員、特別会員、名誉支部長(定年後の取り扱い)について

  1. 支部幹事(監事)・支部例会会長経験者は名誉会員とする。
  2. 支部評議員として功労が認められた場合には、特別会員とする。
  3. 支部長を務めた者は名誉支部長とする。

但し、該当者本人が希望しない場合はこの限りではない。

4. 規約の改正について

  1. 細則の改定は支部評議員会の議決で行う。

5. その他

  1. 甲信越支部と北陸支部が合同で発行している機関誌(Endoscopic Forum)について、支部会員より年間5000円の購読料を徴収する。
  2. 支部評議員は2年以上連続して支部評議員会に出席できない場合,その理由を届け出なければならない。
  3. 春の支部例会には100万円,秋の合同支部例会には80万円、支部セミナーには100万円の補助を行う。
  4. 本細則は平成24年11月17日より発効する。